あなたにとって結婚とは?なぜ結婚したいのか?

ご覧いただいている皆様へ

こんにちは(おはようございます、こんばんは)!
中野です。

本日は、独身非婚サルタントモードでお送りしております。

さてさて、皆様にとって【結婚】とは何でしょうか?
これをご覧いただいている方にも、【結婚している】【離婚している】【独身】などの状態的な観点と、【結婚したい】【結婚したくない】【離婚したい】【何も考えていない】などの感情的な観点で色々分類できると思います。

1980年代までは皆婚時代で、していない人の割合は5%程でした。
そもそもですが、1898年に施行された明治民法によって家族制度が定められ、現代にも生きる結婚像が作られたと言われております。
男尊女卑上等!の時代ですね。笑

しかし時代は変わり、我々の人生を構成する多くのテーマが変化をしております。

当社は、転職支援も別事業として行っておりますが、そちらではダイバーシティなど女性積極採用の
声を多く聞きます(まだまだ受け入れ企業の整備やそもそもの数の増加には時間が必要ですが・・・)。ここを見ると、ひと昔前の社会からすれば、大きく変化していると感じます。
(労働は結婚と異なり【勤労の義務】がありますので、その点でも変化が多く早いのかも知れませんね)

が、結婚に関してはそのように大きな変化を感じることは少ないです。
未婚率は男性23.4%、女性14.1%と上昇するものの、まだまだ根幹には従来の【結婚】の意識が強いように感じます。

皆様にとって結婚とは何でしょうか?

「独身女性の70%が男性の年収400万円以上を求めるが、独身男性の80%が400万円以下の現実」というデータをよく見ますが、まさに【結婚とは?】の認識の違いを感じる内容です。

①生涯添い遂げる相手が欲しい
②相手に経済的に養って欲しい
③子供が欲しい
④親を安心させたい
⑤考えたこともなく当たり前の流れだから
⑥必要性を感じない

などなど、色々な結婚理由?があると思われます。
皆様はどれに当てはまりますか?

ここからはより個人的意見ですが・・・↓

仕事も結婚も、人生を歩む上で大きな時間を占めますので、その選択肢の大きさを感じますよね。
でも、思っている程その選択は大きなものでもないかも知れませんよ?
我々が生きる社会は、一つの決められたルール上にあるものです。ルール違反=法律違反は別問題ですが、個人の選択においては「必ず〇〇を選択すること」「おひとり様〇〇回まで」などの制約はありません。
現実問題、その選択によるリスクの想定に「〇〇したい!」を勝らないと、基本的には恐怖の選択に感じられると思いますが・・・。

勝手ながら上記の【⑤考えたこともなく当たり前の流れだから】は一番勿体無いと感じます。
別々の人生と暮らしで歩んできた二人が同じ空間を共にすることは、本当に良い面だけではなく、
大変なことも沢山あります。
だからこそ、意図なく何となくで結婚することは、日常のストレスを抱えることになってしまうのではないか?と感じるわけです。

色々ある選択肢で選んだ先が法律結婚なのであれば、それは良いと思います。
ここは、本当に強く思うところです。

結婚は必ず選択する必要があるものではありません。
先程のように労働は義務になっていますが、結婚は義務ではないです。

自由に選択して良いんです。

しかし、その他選択肢は少数ですし、事例も少ないですし、保証もないですし、不安だらけに見えるものです。

だからこそ、どの選択肢にも安心して進めるようになれば良いなと感じている私です。

その一つとして、ナナエル(当社が2021年10月頃にリリースする予定の事実婚や同居をしないパートナーなどの「(法律)結婚しない」出会いと、独身同士の仲間を集うアプリ)は、マッチングがベースにはなるのですが、それも大きく言えばライフサポートの内の一つの機能であり、ナナエルを通じて集まった方々に、結婚以外にも多くのサポートを出来ればと考えています(飲食独身クーポン、老後ケアなど)。

そう考えて、日々私も懸命に楽しみながら生きております。
(何の話やねん。笑)

最後に改めて。

皆様にとって結婚とは何でしょうか?

タイトルとURLをコピーしました